漢方薬の名前で飲み方が分かる


漢方薬の名前を見ると、その薬の性質や内容、更には飲み方を表している場合が少なくありません。たとえば下記のようなパターンが基本的なモノです。

 

「~湯」という漢方薬は、喉に当てて、胃腸だけでなく、より手前の粘膜からも吸収をさせるべき。

従ってオブラートの使用は基本的にはNGです

例:葛根湯(カッコントウ)、小柴胡湯(ショウサイコトウ)、柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)など

 

「~散」という漢方薬は、体内に吸収してから効果を発揮。

従ってオブラートの使用OKです。

例:当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、平胃散(ヘイイサン)、参苓白朮散(ジンリョウビャクジュツサン)など

 

「~丸」という漢方薬は、腸まで届けることを目的に製せられています。

なるべく溶かさず飲むようにしましょう。

例:桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、八味地黄丸(ハチミジオウガン)、六味丸(ロクミガン)など

 

「~飲」という漢方薬は、冷たくして服用するべき。

温かくして飲むとのぼせることがあります。

例:参蘇飲(ジンソイン)、当帰飲子(トウキインシ)など

※「飲子」の「子」は少しずつ頻回に分けて飲むという意。

 

漢方薬に頼る時、最も効率の良い服用方法を知っておくと、同じ薬でも効果の発現に差が出る場合があります。

– See more at: http://045310.com/blog/name_nomikata/#sthash.lsw6y3ED.dpufZ

めからうろこ!

 

漢方薬の名前を見ると、その薬の性質や内容、更には飲み方を表している場合が少なくありません。たとえば下記のようなパターンが基本的なモノです。
「~湯」という漢方薬は、喉に当てて、胃腸だけでなく、より手前の粘膜からも吸収をさせるべき。

従ってオブラートの使用は基本的にはNGです。

例:葛根湯(カッコントウ)、小柴胡湯(ショウサイコトウ)、柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)など
「~散」という漢方薬は、体内に吸収してから効果を発揮。

従ってオブラートの使用OKです。

例:当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、平胃散(ヘイイサン)、参苓白朮散(ジンリョウビャクジュツサン)など
「~丸」という漢方薬は、腸まで届けることを目的に製せられています。

なるべく溶かさず飲むようにしましょう。

例:桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、八味地黄丸(ハチミジオウガン)、六味丸(ロクミガン)など
「~飲」という漢方薬は、冷たくして服用するべき。

温かくして飲むとのぼせることがあります。

例:参蘇飲(ジンソイン)、当帰飲子(トウキインシ)など

※「飲子」の「子」は少しずつ頻回に分けて飲むという意。

 

漢方薬に頼る時、最も効率の良い服用方法を知っておくと、同じ薬でも効果の発現に差が出る場合があります。
– See more at: http://045310.com/blog/name_nomikata/#sthash.lsw6y3ED.dpuf

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中