漢方:半夏厚朴湯と抑肝散と帰脾湯


OD癖があるため、向精神薬が使えないので主に漢方で治療をしています。

今のところ、向精神薬よりもおだやかな効き目で、しかし効くー!という実感もあり、揺り返し(向精神薬は不安感がなくなったり、考え過ぎを止めてぼんやりしたり、がっつり効く反面、言いようの無い抑鬱感、やり場の無い鬱屈した気分、などがセットで現れるような実感がわたしはあります。それを「揺り返し」と、とりあえず命名。)がなく、しかも飲み過ぎても大丈夫!むしろ数袋いっぺんに飲んで効果を調整できる、というのがわたしに合ってるなと思います。(追記:当時の主治医がそのように言っていたのですが、全員が大丈夫とは言い切れないです。)

飲み方としては、不安だな、落ち着かないな、という時には出来るだけ朝、昼、晩、の御飯前に1袋お湯に溶いて飲むようにして、不安が強いときは2袋〜3袋をお湯に溶いて飲みます。

 

最近は抑肝散がお気に入り。先日不安感と焦燥感、胸のつかえと息苦しさを訴えて急遽来院したときは半夏厚朴湯を出してもらいました。これはこれで、どうしたらいいのかわからない鬱屈した気分に対して効く感じがします。

抑肝散がリラックス、子どもの時に使ってた毛布みたいな癒し系(笑)だとしたら、

半夏厚朴湯は気持ちを整理して前向きにしてくれて、やる気に繋がる整理整頓系?って感じ。

帰脾湯は寝れないときに飲む専用。

 

以下、詳しい説明です。

 

半夏厚朴湯

  • 効果

のどに何か物がつまったような異物感や、吐き気がある時に。気分がふさいで、憂うつ感がある時に

  • 入ってるもの

半夏(カラスビシャクの塊茎)、厚朴(モクレン科などの樹皮)、茯苓(サルノコシカケ科の菌核)、生姜(ショウガの根茎)、蘇葉(シソ科の葉や枝先)

  • 飲んでみた感想

仏壇みたいな味がする(笑)

まずいもの、にがいもの結構大丈夫だけどこれは不味い!!あんまりにもあんまりなんで、お湯に溶かしたやつにスパイスのカルダモンを一振りしてみました。んーまあ飲めるかな、くらいにはなった。不味い漢方にはスパイス一振り戦法を試してみるのも手だと思います。

心を鎮めて(整理整頓してくれる)まっすぐにしてくれるような感じですかね。

こんがらがって鬱屈するときにいいかも。それこそ向精神薬の揺り戻しの症状に効きます。

 

抑肝散

  • 効果

虚弱で神経が過敏なタイプの夜泣き、ひきつけ、歯ぎしり、夜尿症に。オトナでは、神経の高ぶりによる不眠や筋のけいれんなどに

  • 入ってるもの

釣藤鈎(アカネ科のカギカズラの鈎刺の茎枝)、柴胡(セリ科の根)、川きゅう(セリ科の根茎)、当帰(セリ科の根)、茯苓(サルノコシカケ科の菌核)、白朮(オケラなどの根茎)、甘草(マメ科などの根やストロン)

  • 飲んでみた感想

これはおいしい!ほんのり甘くて、寝る前のお茶的な感じでお湯に溶かしてがぶがぶ飲んでます。

フツウに飲める。で、あまくておいしいので、その味にほっとしてより効いた感じになる。笑

ドキドキ、ソワソワが止まらない時に鎮静してくれる感じです。わたしのナンバーワン漢方の座をほしいままにする逸品。調子悪くなったらとりあえずこれ飲みます。間違いなく効くんで。

 

帰脾湯

  • 効果

虚弱体質やくよくよ考え過ぎるタイプの不眠、食欲不振、物忘れ、動悸、倦怠感などに

消化機能が悪く、皮下出血、不正性器出血、血便、吐血など、諸出血がある場合に

  • 入ってるもの

黄耆(マメ科の根)、竜眼肉(リュウガンの果肉)、人参(オタネニンジンの根)、白朮(オケラなどの根茎)、当帰(セリ科の根)、茯苓(サルノコシカケ科 の菌核。中医学では松の根を抱く部分の茯神を使用)、酸棗仁(サネブトナツメの種子)、遠志(ヒメハギ科の根や根皮)、木香(キク科の根)、甘草(マメ科 などの根やストロン)、生姜(ショウガの根茎)、大棗(クロウメモドキ科の果実)。

  • 飲んでみた感想

あんまり登場しないけど、母のおすすめ漢方。母は寝れないときに飲むと劇的に効くみたいです。

わたしも寝れなくなると飲みます。そんなにまずくない(味は大事 笑)

合う人は合うんだと思います。不眠の改善にはなってる気がする。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中