分からない速度でだめになっていく


ほんの些細なことで世の中は回ってる。

今日、私の一ヶ月前に入った同期みたいな人が突然辞めた。

私より年上の「新人」は小さなミス、例えば朝の当番を忘れて帰ったり、を繰り返して、あれよあれよという間に先輩からの信頼を失って孤立してしまっていた。

私も普通に話そうとしたのだけれど噛み合わず、普通の会話が出来ずに半年も経っていた。

辞める理由は、精神的にもう無理だから明日から来れないということらしい。
(正直この辞め方には、わたしもびっくりした)

ここまで彼を追いやったのは何だったか。彼が自然体でいたのがたまたま周りと合わなかったというようにも考える。
そう思うと悲しいような気もする。

でも結果は結果。
世の中は不条理で溢れていて、矛盾がたくさんで、自然体でいたら壊れてしまう秩序だってある。
些細なことの積み重ねで秩序は保たれていて、また些細な齟齬の積み重ねで信頼を失う事もあるんだと思う。

——-

行きつけのカフェのマスターに、海外に行った時に見た美術館がいかにすばらしかったかという話をしたのだけれど、言葉が足りなくて伝えられない。
退屈な思いをさせやしなかったか
、押し付けがましくしていなかったかを思って苦々しいきもちになる。

職場の終業の後の、着替える時間に、罪悪感を感じる。練習をしたくない、でも先輩は私が声をかけるのを待って、なかなか着替えないような気配がある。私は、先輩が「練習は?」と聞くまで、夜の予定があるのかどうか聞き出さない。聞かれた時だけ応える、ポーズだけのやる気だと思われているんじゃないか。きっとそうだ。

友達からの遊びの誘いのメールを3通ほど返していない。こうやってブログを書く暇があればメールだって書けるだろうに、そうしないのは私の今の気分が乗らないからだ。逡巡。

会社の電話のナンバーディスプレイに、知っている番号から着信があって名乗らずに出たら、院長からで、しかられた。

そしてこういう些少なことが心の底に、鉛のようにずっしりぎっしり溜まって行って、憂鬱な気分にさせる。自然に忘れる時が来るまで。

そしてこういう物事が発する空気が物事をだめにしていくのかと考える。
空気中の酸素が長い年月をかけて金属を錆させてしまうような、じっと眺めて見てもわからないような速度で。

だめになるのが周りとの信頼関係なのか、私自身なのかは定かではないけれど。

じわじわと迫る壁に直面している気分。窮屈で息が出来ない。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

一日一ぽちっとお願いします
押すとランクが上がって超喜びます

広告

分からない速度でだめになっていく」への2件のフィードバック

  1. コメントすべきか書き込まれて少しすっとされるならコメントは控えるべきかまよいました。

    しかし分かります。自分の人生に時折責任がもてなくて、怖くて怖くて。
    信頼を得るのは時間がかかるかもしれないけど、失うのは一瞬だと病気になり痛いほどわかった。でも大丈夫、管理人さんは壊れないよ。壊さないで欲しい。

    1. いつもコメントありがとうございます。
      病気だからという理由をつけるのは好きではないけど。
      自分の行動が自分の意思で行われているにも関わらず、その結果がどうなるか予測できない躁状態はやっぱり病気だと思わざるを得ないです。
      鬱になっても、「なんで、どうしてこうなった?」と思うけど動けない。
      歯がゆいですよね。
      世の中は私が思っているよりずっと繊細にできていて、社会生活の難しさを私に教えてくれています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中