双極性障害ネットワークメールマガジン


さて、先日届いた双極性障害ネットワークメールマガジンに

本年2月に、世界で初めて、単剤で、オランザピンの双極性障害のうつ症状への適用が承認されましたが、今月はその根拠となった臨床試験の論文について、著者のお一人である神庭重信教授ご自身にご寄稿いただきました。

と、ありまして、オランザピン(ジプレキサ)の鬱病相への効果、承認に至るまでの研究について書かれてました。

ジプレキサは双極性障害の鬱に効く!

という、いままで抗鬱剤が功を奏せずまんじりとしていた私たちにとってビッグニュースだったわけですが。

さて、ジプレキサ。
わたし自身はもう数ヶ月のんでて、動けない鬱はなくなり、効果を実感しているところであります。

が。

最近は仕事の休みが少なくてゆっくりやすんでないからか、目の前にある薬を全部かっこみたい衝動がたまに出てきて困ります。

疲れてるのかなー

前みたいに仕事中ペットボトル壁に投げつけたりしてないから、まだましだと思いますが。。

困るわぁ。

人気ブログランキングへ
ブログランキングはじめました。
ぜひぽちっとお願いします
押すとランクが上がって超喜びます

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中