躁、軽躁状態へのコーヒーの影響


軽躁状態から軽い鬱状態に落っこち中です。

仕事がないのって結構つらいものですねー。思ってた以上にがくっと来ました。
退職前後ちょっと躁入りかけ位だったのが、退職してからビューンと軽躁状態に上がり、買い物が止まらない、人と会いまくる、アクティブに動きまくる、思い立ったら吉日生活にな っちゃいました。。

そして、今回は自制がとっても効きにくく、やっぱり仕事のサイクルに縛られない分、生活リズムが狂いやすく、歯止めがなかなか効かない状態になってたように思います。睡眠時間バラッバラ。

そしていつも気をつけよう、気をつけよう…と呪文のように言っていたコーヒーも、調子に乗って、ミスドで何度もおかわりしちゃったりして、睡眠の質も下がっていく一方。

 

「コーヒーって麻薬でもないし、日常生活でみんな飲んでるし平気でしょ?」

 

と、私も最初思ってましたが、眠いときに飲むとすっきりしたり、仕事のはかどらないときに飲むとリフレッシュになったりするように、そういった覚醒作用は脳神経系に作用して、交感神経を興奮させます。

 

んでもって、カフェインの半減期は8時間。

 

すごーく理想の生活を書くと、夜10時に就寝するとして、8時間前以降のカフェイン摂取を控えるとすると、昼の2時以降はもうコーヒー禁物なんです。
なので、一番いいのは、最初っからコーヒーを飲まないこと。

効果的に飲むとしたら、朝の1杯、昼食後の1杯のみに限定すること。
タバコと同じように、中途半端に飲んでると、いざ控えなきゃいけない時にやめられないので飲まない選択肢がいいんだろうと思います。

ただ、やっぱりコーヒー好き!という人の気持ちも分かる、ので、コーヒー好きの人は食後の消化を助ける意味でも朝、昼の2回までと決めて楽しむのがいいかもしれません。

私がよく失敗するのは、仕事や読書が家ではかどらないとき、ついうっかりカフェでコーヒーを注文してしまうこと。たいていそういう場合って3時以降なんですよね。。。

そしてコーヒーは安い。笑

なかなか自分に勝てないですが、うまいこと妥協点を見つけて、のらりくらりやりましょ!

*2012.6.9 追記

今日スタバに行ったら、「デカフェ」というものがあることを発見しました。店員さんに「カフェインなしで」と言うと、普通のコーヒーや、スチームミルク入りのコーヒーをカフェインレスで作ってくれるみたいです。
欧米人はお酒に強い体質の方が多い反面、カフェインに弱い方が多いそうで、カフェイン酔いをおこす方もいらっしゃるそう。
アメリカでスタンダードなスターバックスならではのサービスともいえそうです。
若干時間がかかりますが、便利なのでぜひ活用してみては?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中