診察日:ラミクタール始めました


20120531-000814.jpg

水色に光る新入り。ラミクタールです。
(あ、ラベルにつけた数字スタンプがヘナチョコ…。今、軽躁スイッチで手がガクブル中。)

最近まで処方は安定してたんですが、私の希望で、少し薬の整理(SSRIを抜く)をしてました。
で、躁病相はバルプロ酸(デパケン。主治医がアッチで呼ぶので覚えた。)で落ち着いてるということで、今回の診察では、うつ病相で動けなくなるのが、再就職に向けて不安だと猛アタック。

結果、以前双極性障害への適応の際には処方されず仕舞いだった、ラミクタールを処方されることになりました。

(こーいう手もあるし、あーいうのもあるけど、どうする?と聞かれて、抗鬱薬での治療は根本的に違うような気がするしー、気分安定薬で頼みたいっす、と言ったらコレになった。)

バルプロ酸との飲み合わせで、スティーブンス・ジョンソン症候群の発症率が高くなるのは聞かされたので、帰って調べたら、万が一発症した場合の症例がなかなかの重篤っぷりで正直恐れおののいた。

大人向けは25mgと50mg錠の2種類らしく、私はマニュアル通り25mgを隔日処方されました。

が。

kyupinの日記の記事を見たら、その半分の12.5mg隔日という手もあるらしく。

しかも安定期200mg~とマニュアルには書いてあったが、25mgで充分な人もいるとな!?

多分主治医は200まで持ってく気でいると思うので、飲んでみて、効果をちゃんと自分で感じておかないとなーと思ったのでした。

薬疹出て処方ストップじゃ、元も子もないもの。

できればベスト・自分にあう薬と出会いたいです。
あっちに変更、こっちに変更、また体調悪い~…とならないようになりたいものです。
とりあえず今回の件で、今の主治医は信用できる方だし、ちゃんと何でも相談してみようと思いました。
いつも忙しいだろうな、患者さん沢山待ってるな…と思うとなかなか突っ込んで話ができなかったので…。(本音)
一年半経った今でも、トライ&エラーの繰り返しです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中