日記:先生無事復帰。


最近日記ばかりですが、なかなか忙しさとやる気低下で、根を詰めて記事を書けません。

とりあえず近況報告を。

約2ヶ月、主治医の入院で代替の先生が診察してくれていたのですが、わたしの気分の変化で薬を変えてくださったのはいいものの、薬によって副作用が出やすいことが分かったり、処方しなくなったものの、少量処方で効いていたらしいものがあったりで、結局前回主治医が戻って来たタイミングで元の処方に戻してもらいました。

わたしの場合、セロクエルの眠気の副作用が出やすく、また、慣れるまで時間がかかるようだということ、デプロメール(抗鬱剤)をやめたら、ごく少量にもかかわらず、離脱症状?らしき症状(頭の中がザワザワする、めまいのような目の回る感じ)がでました。

正直、先生が退院して間もなくげっそりしているのを見て、私のささやかな訴えをするのも申し訳なく、とりあえず安定しないんで薬戻してください、
としか伝えられませんでした。

双極性障害かどうか未だに実感がなく、ただのPMSなんじゃないかという疑問をいつか解決したいとは思ってるんですが。

あと、マルファン症候群の疑いありと初診の時に伝えられ、放置していましたが、最近そのことを思い出し、調べてみると結構重大らしい。ので、聞いてみたいなぁ。
そもそも、メンタルクリニックでそういう疑いをかけられるのも変な感じがします。普通、内科的な疾患なら内科、百歩譲っても総合病院とかで言われることなんじゃなかろうか。

あと、アスペルガー症候群と双極性障害の見立て違いが起こる可能性はないのか、とかね。聞きたいことは沢山あります。

とりあえず、主治医にはりんごでも送っとくのがいいですかね。笑
(冗談ですよ!)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中